前へ
次へ

学習塾と予備校は受験対策地域が異なる

大学受験を目指す高校生が高校以外で学べるところとして学習塾と予備校があります。
せっかくならより志望校合格に導いてくれるサービスを利用したいでしょうが、高校受験まで学習塾を利用していたならそのまま同じところの大学受験コースを利用しようとするかもしれません。
一方で少し通うのが大変ながらも予備校の高校生コースを選択することもできそうです。
塾と予備校の名称の違いだけであればそのまま塾に通った方が良いのかもしれません。
それぞれには受験指導のためのデータなどがあり、塾は中学受験や高校受験のための情報が豊富にあると言えるでしょう。
主に地元の学校を中心にしたデータが多く、大学受験コースでも地元大学向けの情報が多くなりそうです。
一方予備校は大学受験向けのデータが豊富で、地元大学だけでなく東京の他全国の大学の情報を多く持っています。
出題傾向分析の実績も予備校の方が豊富な可能性もあるので、大学受験なら予備校の方が良い時もあるでしょう。

Page Top