前へ
次へ

学習塾は大手と小規模のどちらがいいのか

予備校に比べると学習塾において全国展開しているところは少ないかもしれません。
どちらかといえばその地域で複数の教室を持っているところが大手になりそうです。
一方小規模の学習塾は個人で運営していたり同じ市内に数教室持つようなところになるでしょう。
いざ子供を通わせようとするときに立地や金額は置いて塾の規模だけで考えようとするとき、大手のメリットに何があるのか、小規模を選ぶ理由として何があるのか気になるかも知れません。
大手のメリットとして受験情報が豊富で、最新の受験に合った教材などが利用できる点でしょう。
デメリットとしては生徒の数が多いために少なからずすべての子へのケアが行き届かない可能性があります。
成績が上位にいれば大事にしてもらえるが、下位にいるとよほど積極的に質問をしないといけないかもしれません。
小規模の塾のいいところはアットホームなところで、成績に関係なく質問がしやすいでしょう。
ただ受験情報などは大手に比べると乏しくなります。

Page Top